ペットを知ろう 犬猫

TOP

プロフィール

当サイトは、「愛玩動物飼養管理士」「ペットシッター」の資格を持つ管理人が運営しております。

ペットと飼い主さんが仲良く幸せに共存してゆくために、当サイトが何かしらのお役に立てれば幸いです。

また、ペットに関するお悩み相談も、無料で承っております。

愛玩動物(犬・猫のペット)飼養・管理に関する事から、犬のしつけ・訓練法に関する知識など、一通り熟知しております。

微力ながら、出来る限りのアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

当サイトでは、犬・猫の種類、癖(クセ)、しつけ、病気、健康食品などの情報や、ペットホテル、ペット保険、ペット可の施設やマンション、ペットと泊まれる施設などをご紹介しております。

ペットに関する正しい知識と情報をご提供すると共に、ペットに関する無料お悩み解決も行っております。

ペットを知ろう 犬猫へようこそ

ペットとしての犬・猫についての認識を、ぜひ今一度ご確認下さい。

また、当サイトでは、ペットのしつけや健康などへの悩み相談なども受け付けております。お気軽にご相談下さい。

愛玩動物(ペット)としての犬・猫

犬について

飼い犬には、狂犬病予防法により登録と年一回の狂犬病予防注射が義務づけられています。

  • 飼い犬の登録
  • ・犬を飼い始めたら保健所衛生課または各特別出張所で登録してください。(登録手数料は1頭につき3,000円)

    ・登録は犬の生涯で1回です。

  • 狂犬病予防注射
  • ・飼い犬には毎年1回、4月から6月の間に狂犬病予防注射を受けさせてください。

    ・注射後、獣医師の発行した「狂犬病予防注射済証明書」をお持ちのうえ、保健所衛生課または各特別出張所で「注射済票」の交付を受けてください。(注射済票交付手数料は1頭につき550円)

    ・毎年4月に狂犬病予防週間を設け、定期集合予防注射を実施しています。登録済みの飼い主の方には保健所衛生課から4月上旬にご案内が届きます。

  • 飼い主の住所が変わったとき
  • ・区内で転居したときおよび区外から転入したときは、保健所衛生課または各特別出張所に飼い犬の登録事項変更届をしてください。

    ・区外に転出したときは新住所地の担当部署に届け出てください。

  • 飼い犬が死亡したとき
  • ・保健所衛生課または各特別出張所に飼い犬の死亡届をしてください。

    ・電子申請による手続きもできます。

  • 飼い犬が人を咬んだとき
  • ・事故発生から24時間以内に、保健所衛生課に事故発生届をする必要があります。

    ・咬んだ犬は、事故発生から48時間以内に、狂犬病の有無について獣医師の検診を受けなければなりません。

  • 犬の散歩をするときは
  • ・犬はリード(引き綱)をつけて、しっかり持ちましょう。

    ・糞をとる道具と袋を持ち、犬の糞は必ず片付けて自宅に持ち帰って始末しましょう。

    ・水を入れたペットボトルを用意し、おしっこをした所に水を流しましょう。

猫について

飼い猫については、登録等の手続きはありませんが、飼主さんは次のことを守ってください。

  • 室内飼育をして下さい。
  • ペットの猫は、飼い主が環境を整えた屋内で十分に暮らせます。 交通事故や病気から守るため、失踪を防ぐためにも飼い猫を屋内で飼育しましょう。

  • 不妊・去勢手術をして下さい。
  • 猫は1年に2〜3回出産し、すぐに増えてしまいます。去勢・不妊手術をして不必要な猫の繁殖を防いでください。

  • 身元の表示をして下さい。
  • 首輪などに飼い主の身元を表示することで、迷い猫をなくしましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

お気に入りに追加する

ペットブログランク

検索


ペットお役立ち

ペットのためのお役立ちリンク

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。